Home > ボディメイク > 健康な体と美しい姿勢

健康な体と美しい姿勢

姿勢で違って見える

スキンケア、ヘアケアに努力して、メイク、ファッションをバッチリきめても、姿勢で実年齢かそれより上に見えてしまう場合もあります。
左と右の絵を比較してどんなことを感じましたか?左の絵、時々、こんな姿勢の人を見かけますね。腹筋と背筋が弱ってくると下腹を引くことができなくなります。背中を伸ばす筋力も無いので背中も丸くなってしまいます。前後のバランスをとるために、頭は前に行くのであごを突き出した状態です。見た目でも年をとって見えます。赤いラインを前と後ろに引いてますが、前後に体が振れてる分だけ幅が広くなり、全体的に太く見えてます。
右は下腹を引いて背中を伸ばし、あごを引いた状態で立っています。左よりも引き締まって見えるでしょ?これだけでも年齢の違いを感じませんか?
左が自分の姿だわ!と思った人は今からでも遅くはありませんよ。人からいつも見られてることを意識すると、姿勢を正す努力はできます。足の裏全体ををしっかりと床に付けて、膝をまっすぐに伸ばします。お尻をキュッと引き締めて、おへその下を内側に引きます。背中を長く伸ばすような気持ちで背骨を真っ直ぐに立てます。すると、胸が自然に開きます。肩を少し下げて後ろに引くようにするとさらに胸が開いて呼吸も自然に楽にできるようになります。顎を引いてあげると首が楽に伸びます。

コアの筋肉を鍛えて

40代の方は、まだ、中年の仲間にはなりたくないと頑張ってください。50代の方は、20年後に人の手を借りずに生活できるように、はつらつと動き回れるように、今ならまだ間に合いますよ!腰、背骨、腹筋、太ももなどの中心を支える筋肉を鍛えましょう。筋肉を鍛える努力は見た目の体の若さを保つだけではなく、内側の若さも保てます。

継続はちからなり

健康づくり、若さを維持するための運動は無理なく続ける事が大切です。一念発起して始めた運動がどこか無理があると、なかなか続けられませんね。ポイントは楽にできる運動を毎日の生活の中に位置づけることです。いくつかご紹介します。自分なりに楽しく続けられる工夫をしてみてください。

inserted by FC2 system