Home > ボディメイク > 下腹をへこます 中級偏・上級偏

下腹をへこます 中級偏・上級偏

中級偏

こちらは、腹筋(おへその下)、腰、太ももと使う筋肉が増えます。上体を斜めにするために、坐骨がしっかりと床に付いて安定した位置が取れるようにします。膝を伸ばして坐り、お尻の下に手を入れてお尻の肉を後ろに引くと安定して背筋が真っ直ぐに伸び、上体が垂直に立ち上がります。
 次に膝を立てて、胸の前で腕を組みます。

腰、背筋を真っ直ぐに伸ばしたまま後ろに上体を倒します。おへその下を内側に引くように意識すると、腰が真っ直ぐに伸びます。腰を丸めて行うと腰に余分な負荷がかかって痛くなります。安定する位置で5回呼吸をして、元の位置に上体を戻します。できる範囲で数回繰り返します。

上級偏

中級偏で安定する位置で楽に呼吸できるようになったら、手をふくらはぎの外側に添えて静かに足を床から持ち上げます(A)。この状態で呼吸を続けます。
さらに膝の裏が柔らかく膝を伸ばせるようなら膝を真っ直ぐに伸ばしてあげましょう(B)。後ろに倒れないように注意して、5回呼吸します。数回繰り返します。

Bができるようになったら、足に添えてる手を離しましょう。おへその下の腹筋を内側に引き寄せ、腰と背中を伸ばします。太ももが下がらないように意識して行います。(C)5回呼吸して数回繰り返します。頑張って!

inserted by FC2 system