Home > スカルプケア > >髪は命?髪の命

髪は命?髪の命

髪の寿命

シャンプーやブラッシングの度に抜ける髪の寿命なんて考えたことないですよね。でも、一定期間とどまるから頭髪としてのまとまりがあるわけです。毛の寿命は男性が3〜5年、女性が4〜6年、男女で差があるのですね。髪の成長速度は、一日約0.35〜0.4mm、夏頃が成長速度のピークです。男性は20歳前後、女性は30歳まで成長が早いです。

毛周期(ヘア・サイクル)

毛髪の状態は誕生から脱毛までの期間で毛根と毛の状態が変わります。
A、早期成長期毛、前の毛が抜けると次の発毛が始まる、毛根はまだ小さいので細い毛が生え始める。
B、中期成長期毛、毛球が成長するとともに毛幹も太くなる。
C、後期成長期毛、毛根は皮下組織に達するようになる。
D、移行期毛、毛母の角化が始まる。約2週間で休止期毛になる。
E、休止期毛、毛母は完全に角化し、約3ヶ月で脱落する。

抜け毛

人の髪の数は胎児の時に決まります。毛の色によって多少の違いはあるようですが、10万本といわれています。一日の抜け毛の数を平均的な数値で示すと、
100,000本÷(365×4)=68本 個人差があるので、80〜100本は正常値です。
薄い細かい毛が抜ける場合はヘアサイクルのA、BからDへ移行してしまう、栄養不足が考えられます。

ストレスによる脱毛

ストレスを感じると交感神経が働き、抹消の血管が収縮して血流が悪くなります。そのため、毛母細胞の働きが悪くなって新しい髪を作る作用も鈍ってしまいます。円形脱毛症はその顕著な例といわれます。

髪が薄くなるのは

 若い頃というか、毛根が元気な時期は一つの毛孔から3本出てます。それぞれの寿命でヘアサイクルを繰り返しますが、頭皮のトラブル、ストレス、栄養不足で休止期が長くなると、一つの毛孔から出る毛の数が減ります。栄養が届かなくなると毛も細くなるので頭にボリュームが無くなるのです。

年をとって、髪にボリュームがなくなるのは、毛が細くなるためです。左の図、ドットの数は同じですが、小さいドットになると透けて見えますね。頭皮の状態もこれと同じです。

inserted by FC2 system